「怪盗山猫」急降下…崖っぷちに立たされた亀梨和也の焦り

公開日:  更新日:

 初回視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と絶好のスタートを切った「怪盗 山猫」。そんな中、所属するKAT―TUNのメンバーの1人が3月に脱退するのに伴って、5月からは充電期間に入り、実質的には活動休止が決まってしまった。となれば、俳優業に力を入れざるを得なくなった亀梨和也だったが、肝心の主演ドラマの視聴率は回を追うごとに右肩下がり。ついに第5話では7・9%と初めて1ケタ台に落ちてしまった。

 亀梨といえば、27.8%の視聴率をたたき出した「ごくせん」(05年)、山下智久とダブル主演した「野ブタ。をプロデュース」(同)も平均16.9%と大当たり。一気に超売れっ子になったのに、その後は11年の「妖怪人間ベム」が15.6%となったのを最後に、主演するドラマが次から次にコケ続け、“低視聴率王子”と言われている。「山猫」でコケたら、いくら事務所に力があっても、主演枠は回ってきにくくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る