• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「怪盗山猫」急降下…崖っぷちに立たされた亀梨和也の焦り

 初回視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と絶好のスタートを切った「怪盗 山猫」。そんな中、所属するKAT―TUNのメンバーの1人が3月に脱退するのに伴って、5月からは充電期間に入り、実質的には活動休止が決まってしまった。となれば、俳優業に力を入れざるを得なくなった亀梨和也だったが、肝心の主演ドラマの視聴率は回を追うごとに右肩下がり。ついに第5話では7・9%と初めて1ケタ台に落ちてしまった。

 亀梨といえば、27.8%の視聴率をたたき出した「ごくせん」(05年)、山下智久とダブル主演した「野ブタ。をプロデュース」(同)も平均16.9%と大当たり。一気に超売れっ子になったのに、その後は11年の「妖怪人間ベム」が15.6%となったのを最後に、主演するドラマが次から次にコケ続け、“低視聴率王子”と言われている。「山猫」でコケたら、いくら事務所に力があっても、主演枠は回ってきにくくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る