「怪盗山猫」急降下…崖っぷちに立たされた亀梨和也の焦り

公開日: 更新日:

 初回視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と絶好のスタートを切った「怪盗 山猫」。そんな中、所属するKAT―TUNのメンバーの1人が3月に脱退するのに伴って、5月からは充電期間に入り、実質的には活動休止が決まってしまった。となれば、俳優業に力を入れざるを得なくなった亀梨和也だったが、肝心の主演ドラマの視聴率は回を追うごとに右肩下がり。ついに第5話では7・9%と初めて1ケタ台に落ちてしまった。

 亀梨といえば、27.8%の視聴率をたたき出した「ごくせん」(05年)、山下智久とダブル主演した「野ブタ。をプロデュース」(同)も平均16.9%と大当たり。一気に超売れっ子になったのに、その後は11年の「妖怪人間ベム」が15.6%となったのを最後に、主演するドラマが次から次にコケ続け、“低視聴率王子”と言われている。「山猫」でコケたら、いくら事務所に力があっても、主演枠は回ってきにくくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  7. 7

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  8. 8

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る