• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀬戸カトリーヌ 女優の道を切り開いた三谷幸喜の“大抜擢”

 関西出身で、日仏ハーフの西洋風の顔立ちながら、関西弁を操る瀬戸カトリーヌさん(40)。デビュー当初はバラエティ―番組で注目されたが、女優への並々ならぬ思いはその頃から。それをかなえてくれたのが三谷幸喜さん(54)だ。

  ◇  ◇  ◇

 20代の頃はバラエティー番組によく出させていただきました。でも、テレビに出る前は大阪の「OSK日本歌劇団」の養成所に2年間通い、お芝居や歌のほかに、日舞、狂言とかの稽古も受けていました。卒業後は違ったジャンルのお芝居をやりたくて、アテもないまま20歳のときにひとりで上京。それでテレビのバラエティーに出るようになったものの、なぜ面白がられているのか分からないし、心の中ではどうしたらお芝居の方にいけるんだろうって葛藤があって、演技のワークショップに行ったりしたんです。


 そんなときに出会ったのが三谷幸喜さんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る