瀬戸カトリーヌ 女優の道を切り開いた三谷幸喜の“大抜擢”

公開日: 更新日:

 関西出身で、日仏ハーフの西洋風の顔立ちながら、関西弁を操る瀬戸カトリーヌさん(40)。デビュー当初はバラエティ―番組で注目されたが、女優への並々ならぬ思いはその頃から。それをかなえてくれたのが三谷幸喜さん(54)だ。

  ◇  ◇  ◇

 20代の頃はバラエティー番組によく出させていただきました。でも、テレビに出る前は大阪の「OSK日本歌劇団」の養成所に2年間通い、お芝居や歌のほかに、日舞、狂言とかの稽古も受けていました。卒業後は違ったジャンルのお芝居をやりたくて、アテもないまま20歳のときにひとりで上京。それでテレビのバラエティーに出るようになったものの、なぜ面白がられているのか分からないし、心の中ではどうしたらお芝居の方にいけるんだろうって葛藤があって、演技のワークショップに行ったりしたんです。


 そんなときに出会ったのが三谷幸喜さんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る