• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀬戸カトリーヌ 女優の道を切り開いた三谷幸喜の“大抜擢”

 関西出身で、日仏ハーフの西洋風の顔立ちながら、関西弁を操る瀬戸カトリーヌさん(40)。デビュー当初はバラエティ―番組で注目されたが、女優への並々ならぬ思いはその頃から。それをかなえてくれたのが三谷幸喜さん(54)だ。

  ◇  ◇  ◇

 20代の頃はバラエティー番組によく出させていただきました。でも、テレビに出る前は大阪の「OSK日本歌劇団」の養成所に2年間通い、お芝居や歌のほかに、日舞、狂言とかの稽古も受けていました。卒業後は違ったジャンルのお芝居をやりたくて、アテもないまま20歳のときにひとりで上京。それでテレビのバラエティーに出るようになったものの、なぜ面白がられているのか分からないし、心の中ではどうしたらお芝居の方にいけるんだろうって葛藤があって、演技のワークショップに行ったりしたんです。


 そんなときに出会ったのが三谷幸喜さんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る