瀬戸カトリーヌ 女優の道を切り開いた三谷幸喜の“大抜擢”

公開日:  更新日:

 関西出身で、日仏ハーフの西洋風の顔立ちながら、関西弁を操る瀬戸カトリーヌさん(40)。デビュー当初はバラエティ―番組で注目されたが、女優への並々ならぬ思いはその頃から。それをかなえてくれたのが三谷幸喜さん(54)だ。

  ◇  ◇  ◇

 20代の頃はバラエティー番組によく出させていただきました。でも、テレビに出る前は大阪の「OSK日本歌劇団」の養成所に2年間通い、お芝居や歌のほかに、日舞、狂言とかの稽古も受けていました。卒業後は違ったジャンルのお芝居をやりたくて、アテもないまま20歳のときにひとりで上京。それでテレビのバラエティーに出るようになったものの、なぜ面白がられているのか分からないし、心の中ではどうしたらお芝居の方にいけるんだろうって葛藤があって、演技のワークショップに行ったりしたんです。


 そんなときに出会ったのが三谷幸喜さんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る