デビュー1年で挫折も「頑張れ」 石橋凌が継いだ恩人の遺志

公開日: 更新日:

 ロックバンド「ARB」のボーカルとしてデビューし、映画「杉原千畝 スギハラチウネ」「キッズ・リターン」「クロッシング・ガード」など国内外で俳優として活躍する石橋凌さん(59)。芸能界への入り口に導いてくれたのは、06年に亡くなった地元ラジオ局のディレクター・岸川均さんだ。

■チューリップや海援隊を東京へ後押し

 私がプロのミュージシャンとしてデビューできたのは、KBC(九州朝日放送)ラジオのディレクターだった岸川均さんのおかげですね。

 子供のころからビートルズとかボブ・ディランといった欧米のロックを聞いて育ち、高校1年のとき、音楽研究同好会に入って先輩や同級生と5人でロックバンドを組んだんです。そして、プロへの登竜門といわれた「歌え若者」というラジオ番組や「照和」という福岡のライブハウスに出演し、セミプロみたいに活動していたんです。岸川さんは「歌え若者」のディレクターでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る