デビュー1年で挫折も「頑張れ」 石橋凌が継いだ恩人の遺志

公開日:  更新日:

 ロックバンド「ARB」のボーカルとしてデビューし、映画「杉原千畝 スギハラチウネ」「キッズ・リターン」「クロッシング・ガード」など国内外で俳優として活躍する石橋凌さん(59)。芸能界への入り口に導いてくれたのは、06年に亡くなった地元ラジオ局のディレクター・岸川均さんだ。

■チューリップや海援隊を東京へ後押し

 私がプロのミュージシャンとしてデビューできたのは、KBC(九州朝日放送)ラジオのディレクターだった岸川均さんのおかげですね。

 子供のころからビートルズとかボブ・ディランといった欧米のロックを聞いて育ち、高校1年のとき、音楽研究同好会に入って先輩や同級生と5人でロックバンドを組んだんです。そして、プロへの登竜門といわれた「歌え若者」というラジオ番組や「照和」という福岡のライブハウスに出演し、セミプロみたいに活動していたんです。岸川さんは「歌え若者」のディレクターでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る