離婚発表で早くも話題 宮沢りえに飛び交う“電撃再婚説”

公開日: 更新日:

「新たな気持ちで、役者として、母として、一人の人間として、これからも前進していこうと思います」

 宮沢りえ(42)がこのほどマスコミ各社に送付した離婚発表のファクスからは、安堵と喜びが伝わってくる。前夫は元プロサーファーの実業家で、2009年4月に結婚、翌月女児が誕生するも、12年に別居が報じられ、りえは離婚協議中であることを認めていた。

「離婚を渋っていた前夫がようやく同意したのです。だいたい5年以上の別居期間があれば、夫婦関係の破綻を裁判所は認めるので、それに近い年月を積み重ねた宮沢さんの粘り勝ちといえるでしょう」(テレビ局関係者)

 すったもんだを乗り越え、晴れて自由の身になった心境というわけか。

「それだけじゃありません。昨年1月に親密デートを報じられた44歳の劇作家、赤堀雅秋とイイ関係が続いているようなんです。赤堀の作劇の才能に加え、映画『モテキ』など俳優としても活躍する同業者として、信頼しているのだそうで……」と、前出の関係者は続ける。

「次は再婚発表」とみられている……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る