• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

離婚発表で早くも話題 宮沢りえに飛び交う“電撃再婚説”

「新たな気持ちで、役者として、母として、一人の人間として、これからも前進していこうと思います」

 宮沢りえ(42)がこのほどマスコミ各社に送付した離婚発表のファクスからは、安堵と喜びが伝わってくる。前夫は元プロサーファーの実業家で、2009年4月に結婚、翌月女児が誕生するも、12年に別居が報じられ、りえは離婚協議中であることを認めていた。

「離婚を渋っていた前夫がようやく同意したのです。だいたい5年以上の別居期間があれば、夫婦関係の破綻を裁判所は認めるので、それに近い年月を積み重ねた宮沢さんの粘り勝ちといえるでしょう」(テレビ局関係者)

 すったもんだを乗り越え、晴れて自由の身になった心境というわけか。

「それだけじゃありません。昨年1月に親密デートを報じられた44歳の劇作家、赤堀雅秋とイイ関係が続いているようなんです。赤堀の作劇の才能に加え、映画『モテキ』など俳優としても活躍する同業者として、信頼しているのだそうで……」と、前出の関係者は続ける。

「次は再婚発表」とみられている……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る