• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛人との不倫を潔く謝罪 石井竜也「全面降伏」に恐妻の影

「見せしめ」「男として哀れ」なんて声も上がっているのが、20代の女性ファンとの不倫疑惑を報じられた米米CLUBの石井竜也(56)。「女性セブン」が「被災地の浪漫飛行」のタイトルで第一報を伝えた16日に公式サイトで謝罪、さらに17日に公開収録先のラジオ局からカナダ人妻マリーザさんと手をつないで出てきて、改めて「心から反省しています」とし、深々と頭を下げた。

 これを元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(58)は「最上の謝り方。(対応が)早い。潔かった」と評価したが、芸能関係者はこんな見方をしている。

「マリーザさんは妻であると同時に石井の事務所社長で、今回の騒動への対応をすべて仕切ったそうです。『愛する妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です。娘・サリーナのことは、父親として、反省はもちろん、私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です』などと公式サイトへの謝罪文掲載をはじめ、芸能マスコミの前で手をつないでのパフォーマンスも、マリーザさんの意向によるところが大きく、石井はその指示に従ったというのが真相だともっぱらですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る