愛人との不倫を潔く謝罪 石井竜也「全面降伏」に恐妻の影

公開日: 更新日:

「見せしめ」「男として哀れ」なんて声も上がっているのが、20代の女性ファンとの不倫疑惑を報じられた米米CLUBの石井竜也(56)。「女性セブン」が「被災地の浪漫飛行」のタイトルで第一報を伝えた16日に公式サイトで謝罪、さらに17日に公開収録先のラジオ局からカナダ人妻マリーザさんと手をつないで出てきて、改めて「心から反省しています」とし、深々と頭を下げた。

 これを元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(58)は「最上の謝り方。(対応が)早い。潔かった」と評価したが、芸能関係者はこんな見方をしている。

「マリーザさんは妻であると同時に石井の事務所社長で、今回の騒動への対応をすべて仕切ったそうです。『愛する妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です。娘・サリーナのことは、父親として、反省はもちろん、私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です』などと公式サイトへの謝罪文掲載をはじめ、芸能マスコミの前で手をつないでのパフォーマンスも、マリーザさんの意向によるところが大きく、石井はその指示に従ったというのが真相だともっぱらですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る