理事長選へ絶頂? 貴乃花ブログが「神がかりすぎ」と話題

公開日:  更新日:

 大相撲春場所後の28日に行われる日本相撲協会の理事長選は、八角理事長(52=元横綱北勝海)と立候補を表明している貴乃花親方(43=元横綱)の一騎打ちになるとみられている。

 その貴乃花親方は、23日に今年初めてブログを更新。「これが最初で最後の勝負となります」など、理事長選への並々ならぬ思いをつづっているが、ブログで熱く語る相撲論が「神がかりすぎて意味不明」とファンの間で話題だ。

 貴乃花親方は力士が横綱に推挙されるまでの道のりについて、「百八煩悩を打ち消すことによる精神統一の妙技を貫いても不実の賛美を味わうことしかない」と、その険しさを指摘。「精神と肉体が現実と結びつき、三位一体の神業を味方にしなければならない」と超人的な努力が必要だと説いている。

 24日には、桜をイメージした相撲協会のシンボルマークに触れ、「淡い色したひとひらは神業のようにまた花ひらく(中略)明日につながるヒントを得るかのようです」と持論を展開。翌25日は「人生は長くとも短いと申しますが、今日死に直面しても悔いはない人生を訓示として、我が身我が友我らが仲間と共に身を削る覚悟に至りました」と死生観を交えつつ、立候補への思いを新たにする内容だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る