• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理事長選へ絶頂? 貴乃花ブログが「神がかりすぎ」と話題

 大相撲春場所後の28日に行われる日本相撲協会の理事長選は、八角理事長(52=元横綱北勝海)と立候補を表明している貴乃花親方(43=元横綱)の一騎打ちになるとみられている。

 その貴乃花親方は、23日に今年初めてブログを更新。「これが最初で最後の勝負となります」など、理事長選への並々ならぬ思いをつづっているが、ブログで熱く語る相撲論が「神がかりすぎて意味不明」とファンの間で話題だ。

 貴乃花親方は力士が横綱に推挙されるまでの道のりについて、「百八煩悩を打ち消すことによる精神統一の妙技を貫いても不実の賛美を味わうことしかない」と、その険しさを指摘。「精神と肉体が現実と結びつき、三位一体の神業を味方にしなければならない」と超人的な努力が必要だと説いている。

 24日には、桜をイメージした相撲協会のシンボルマークに触れ、「淡い色したひとひらは神業のようにまた花ひらく(中略)明日につながるヒントを得るかのようです」と持論を展開。翌25日は「人生は長くとも短いと申しますが、今日死に直面しても悔いはない人生を訓示として、我が身我が友我らが仲間と共に身を削る覚悟に至りました」と死生観を交えつつ、立候補への思いを新たにする内容だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る