• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴乃花親方の攻勢凄まじく…相撲協会「理事候補選」全内幕

「同僚のひとりなんて、それこそ投票所に入ってからも、会場の隅っこで『そりゃ、いくらなんでもムリですよ』とか、『もう、勘弁してください』なんて携帯電話に向かって言ってた。投票の1分前まで、ゴソゴソやってたのもいたほどです。最後の最後まで票集めにしゃかりきになってる連中がいたのは間違いありません」

 こう言うのはある親方だ。

 相撲協会は29日、両国国技館で2年の任期満了に伴う理事候補選を行った。定員より1人多い11人が立候補し、99人の親方全員が投票。八角理事長や貴乃花親方ら10人が当選し、高島親方は落選。前出の親方はその舞台裏についてこう続ける。

「中でも今回の理事候補選で目立ったのは裏金顧問を含めた貴乃花親方一派の攻勢の凄まじさですよ。締め切りギリギリまでそれこそなりふり構わず、親方連中を口説きまくっていましたからね。オンナ絡みのスキャンダルなどの不祥事や弱みをネタに半ば脅されたような親方までいたといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る