貴乃花親方の攻勢凄まじく…相撲協会「理事候補選」全内幕

公開日:  更新日:

「同僚のひとりなんて、それこそ投票所に入ってからも、会場の隅っこで『そりゃ、いくらなんでもムリですよ』とか、『もう、勘弁してください』なんて携帯電話に向かって言ってた。投票の1分前まで、ゴソゴソやってたのもいたほどです。最後の最後まで票集めにしゃかりきになってる連中がいたのは間違いありません」

 こう言うのはある親方だ。

 相撲協会は29日、両国国技館で2年の任期満了に伴う理事候補選を行った。定員より1人多い11人が立候補し、99人の親方全員が投票。八角理事長や貴乃花親方ら10人が当選し、高島親方は落選。前出の親方はその舞台裏についてこう続ける。

「中でも今回の理事候補選で目立ったのは裏金顧問を含めた貴乃花親方一派の攻勢の凄まじさですよ。締め切りギリギリまでそれこそなりふり構わず、親方連中を口説きまくっていましたからね。オンナ絡みのスキャンダルなどの不祥事や弱みをネタに半ば脅されたような親方までいたといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る