貴乃花親方の攻勢凄まじく…相撲協会「理事候補選」全内幕

公開日: 更新日:

「同僚のひとりなんて、それこそ投票所に入ってからも、会場の隅っこで『そりゃ、いくらなんでもムリですよ』とか、『もう、勘弁してください』なんて携帯電話に向かって言ってた。投票の1分前まで、ゴソゴソやってたのもいたほどです。最後の最後まで票集めにしゃかりきになってる連中がいたのは間違いありません」

 こう言うのはある親方だ。

 相撲協会は29日、両国国技館で2年の任期満了に伴う理事候補選を行った。定員より1人多い11人が立候補し、99人の親方全員が投票。八角理事長や貴乃花親方ら10人が当選し、高島親方は落選。前出の親方はその舞台裏についてこう続ける。

「中でも今回の理事候補選で目立ったのは裏金顧問を含めた貴乃花親方一派の攻勢の凄まじさですよ。締め切りギリギリまでそれこそなりふり構わず、親方連中を口説きまくっていましたからね。オンナ絡みのスキャンダルなどの不祥事や弱みをネタに半ば脅されたような親方までいたといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る