理事長を週刊誌で口撃 “悪巧み”仕掛ける貴乃花理事の魂胆

公開日:  更新日:

 先の初場所で日本人力士としては10年(59場所)ぶりに優勝した大関琴奨菊(32)は、果たして横綱になれるのか。98年名古屋場所の若乃花勝以来となる日本人横綱は誕生するか――。

 13日に始まった大相撲春場所は、好角家以外のファンからも注目を集めている。そんな相撲協会が一丸となって迎えるべき場所を直前に控えた折も折、雑音を鳴らしまくったのが貴乃花理事(43)の一派だ。

 元東京地検特捜部長の宗像紀夫外部理事(74)は先週発売の週刊新潮「八角理事長に告ぐ 相撲協会の私物化を止めよ」という特集のインタビューで、「八角さんは、私心なく相撲協会を運営しているとはとても思えない。あらゆる重要な物事は理事会の承認手続きを経なければならないというルールは無視され、コンプライアンスはないがしろにされ、ガバナンスもなっていない」などと発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る