• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理事長を週刊誌で口撃 “悪巧み”仕掛ける貴乃花理事の魂胆

 先の初場所で日本人力士としては10年(59場所)ぶりに優勝した大関琴奨菊(32)は、果たして横綱になれるのか。98年名古屋場所の若乃花勝以来となる日本人横綱は誕生するか――。

 13日に始まった大相撲春場所は、好角家以外のファンからも注目を集めている。そんな相撲協会が一丸となって迎えるべき場所を直前に控えた折も折、雑音を鳴らしまくったのが貴乃花理事(43)の一派だ。

 元東京地検特捜部長の宗像紀夫外部理事(74)は先週発売の週刊新潮「八角理事長に告ぐ 相撲協会の私物化を止めよ」という特集のインタビューで、「八角さんは、私心なく相撲協会を運営しているとはとても思えない。あらゆる重要な物事は理事会の承認手続きを経なければならないというルールは無視され、コンプライアンスはないがしろにされ、ガバナンスもなっていない」などと発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る