理事長を週刊誌で口撃 “悪巧み”仕掛ける貴乃花理事の魂胆

公開日: 更新日:

 先の初場所で日本人力士としては10年(59場所)ぶりに優勝した大関琴奨菊(32)は、果たして横綱になれるのか。98年名古屋場所の若乃花勝以来となる日本人横綱は誕生するか――。

 13日に始まった大相撲春場所は、好角家以外のファンからも注目を集めている。そんな相撲協会が一丸となって迎えるべき場所を直前に控えた折も折、雑音を鳴らしまくったのが貴乃花理事(43)の一派だ。

 元東京地検特捜部長の宗像紀夫外部理事(74)は先週発売の週刊新潮「八角理事長に告ぐ 相撲協会の私物化を止めよ」という特集のインタビューで、「八角さんは、私心なく相撲協会を運営しているとはとても思えない。あらゆる重要な物事は理事会の承認手続きを経なければならないというルールは無視され、コンプライアンスはないがしろにされ、ガバナンスもなっていない」などと発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る