貴乃花派の主張のみタレ流し メディアが捻じ曲げる理事長選

公開日:  更新日:

「10人でやったら違法、無効です」

 去る20日、大阪で行われた相撲協会の理事会終了後、報道陣にこう言ったのが宗像紀夫外部理事(74)だ。

 相撲協会は28日の理事会で、新たな理事長を選出する。

 その選挙を外部理事を除く10人の理事でやるのは「違法」で「無効」というのだ。

「理事会で宗像理事は八角理事長やオブザーバーとして参加した評議員会の池坊議長に、外部理事にも投票権がある、ないのはおかしいと盛んにかみ付いたそうです。それに貴乃花理事(43)が追従、目上の人たちを恫喝するような口調だったともいいます。理事長選に立候補する意向の貴乃花理事と宗像理事は、いまの八角体制を快く思っていない。それで宗像理事は自分にも投票権があると主張しているのでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る