貴乃花派の主張のみタレ流し メディアが捻じ曲げる理事長選

公開日: 更新日:

「10人でやったら違法、無効です」

 去る20日、大阪で行われた相撲協会の理事会終了後、報道陣にこう言ったのが宗像紀夫外部理事(74)だ。

 相撲協会は28日の理事会で、新たな理事長を選出する。

 その選挙を外部理事を除く10人の理事でやるのは「違法」で「無効」というのだ。

「理事会で宗像理事は八角理事長やオブザーバーとして参加した評議員会の池坊議長に、外部理事にも投票権がある、ないのはおかしいと盛んにかみ付いたそうです。それに貴乃花理事(43)が追従、目上の人たちを恫喝するような口調だったともいいます。理事長選に立候補する意向の貴乃花理事と宗像理事は、いまの八角体制を快く思っていない。それで宗像理事は自分にも投票権があると主張しているのでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る