貴乃花派の主張のみタレ流し メディアが捻じ曲げる理事長選

公開日:  更新日:

「10人でやったら違法、無効です」

 去る20日、大阪で行われた相撲協会の理事会終了後、報道陣にこう言ったのが宗像紀夫外部理事(74)だ。

 相撲協会は28日の理事会で、新たな理事長を選出する。

 その選挙を外部理事を除く10人の理事でやるのは「違法」で「無効」というのだ。

「理事会で宗像理事は八角理事長やオブザーバーとして参加した評議員会の池坊議長に、外部理事にも投票権がある、ないのはおかしいと盛んにかみ付いたそうです。それに貴乃花理事(43)が追従、目上の人たちを恫喝するような口調だったともいいます。理事長選に立候補する意向の貴乃花理事と宗像理事は、いまの八角体制を快く思っていない。それで宗像理事は自分にも投票権があると主張しているのでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る