紀香&愛之助に生島ヒロシが助言 夫婦円満の秘訣は下半身

公開日: 更新日:

 30日、生島ヒロシ(65)が「高齢者の低栄養問題 その予防と有効な対策」のトークセッションに出席。

「先日、“結果にコミット”して75キロあった体重が60キロにまで落ちた。野菜も低糖質なものを取って2カ月でアバウトに10キロほど落ちました」と、「ライザップ」での減量成功について語った。

 痩せたことで「腹筋も割れて動きが速くなった」という生島は「若い子に『65歳に見えな~い』と言われると、イヒヒヒと思う。モテるか? いやあ、今や大変ですから。センテンススプリング(『週刊文春』)? ニューソルト(『週刊新潮』)? 一歩踏み外すとね。知り合いが次から次へとやられてますから」と不倫スクープを飛ばす週刊誌を警戒。

 かと思えば、この日、結婚を発表した片岡愛之助藤原紀香には「下半身が安定すれば人生もしっかりする。スクワットで下半身を鍛えて、多少のことには目をつむるのが大事」と夫婦円満の秘訣を下ネタ交じりで助言していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る