日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV出演本数“有吉超え”の年間3位 ハライチ澤部なぜ人気?

 3位にランクインしたのは意外な芸人だった。

 15日、「2015タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表された。昨年、初のトップとなった「TOKIO」国分太一(41)が2連覇で653本に出演。「バナナマン」設楽統(42)も前回に続いて2位(556本)。それぞれ朝の帯番組と多くのレギュラー番組を持つとあって納得の結果だが、3位に入ったのは帯番組を持っていないにもかかわらず、458本に出演した「ハライチ」澤部佑(29)。

 「志村の時間」(フジテレビ系)ではコントメンバー、「あさチャン!」(TBS系)ではコメンテーターと幅広い分野で活躍し、11年から4年間トップ3をキープしてきた有吉弘行(41=今回は6位に後退)を抜いて昨年の圏外から一気に3位に食い込んだ。

 一発屋でもなければ、見た目も地味……。まだ20代で比較的「若手」とされるが、テレビはなぜ澤部を欲するのか。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事