TV出演本数“有吉超え”の年間3位 ハライチ澤部なぜ人気?

公開日: 更新日:

 3位にランクインしたのは意外な芸人だった。

 15日、「2015タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表された。昨年、初のトップとなった「TOKIO」国分太一(41)が2連覇で653本に出演。「バナナマン設楽統(42)も前回に続いて2位(556本)。それぞれ朝の帯番組と多くのレギュラー番組を持つとあって納得の結果だが、3位に入ったのは帯番組を持っていないにもかかわらず、458本に出演した「ハライチ」澤部佑(29)。

 「志村の時間」(フジテレビ系)ではコントメンバー、「あさチャン!」(TBS系)ではコメンテーターと幅広い分野で活躍し、11年から4年間トップ3をキープしてきた有吉弘行(41=今回は6位に後退)を抜いて昨年の圏外から一気に3位に食い込んだ。

 一発屋でもなければ、見た目も地味……。まだ20代で比較的「若手」とされるが、テレビはなぜ澤部を欲するのか。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

「彼の立場はツッコミですが、毒気のないツッコミで返すのに加え、一度自分でボケてから返す、もしくはイジられてツッコむというスタンス。こういうマイルドなツッコミはなにかと世知辛い今の世の中にはちょうどいいのかもしれません。決して主役タイプではないですが、程良いさじ加減が調整できる器用さがあるゆえに使い勝手がいいので、2番手には最適。若手芸人にしては珍しくガツガツしていないのも重宝される理由のひとつ。ガツガツしすぎないのは、結婚相手が社長令嬢(大手クリーニングチェーン「白洋舎」)という事情もあると思います。キャラに生活感が出ず、余裕があるので、さりげなく振る舞える。これからも主役を支えるスーパーサブとして仕事は増えていくでしょう」

 時代が澤部を求めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず