楽しんご 前田健さんを追悼「薔薇の花いっぱい送りたい」

公開日: 更新日:

 24日に新宿の路上で倒れ、26日に虚血性心不全のため亡くなった前田健さん(享年44)。生前に番組でゲイであることをカミングアウトしたのはよく知られているが、かつて事務所の後輩として接し、番組でも共演した楽しんごに、その人柄を語ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

 マエケンさんに初めてお会いしたのは7年前。当時、僕はまだ俳優でお笑いに転向しようと思って、前の事務所に初めてネタ見せに行った時。とても後輩思いでタレントとしても人気があったマエケンさん。あややのモノマネはもちろんBEGINさん(比嘉栄昇)のモノマネをしたり、年齢の割に裏声がとても出るので本当に尊敬していました。仕事では厳しく、素人みたいな僕にもダメ出しをしていただき、めちゃうれしかったのを覚えています! 自分のネタにも厳しかったですね。

 僕にもいろいろ声をかけてくれて、印象に残っているのは「女装もしないでホモで芸人なのはアンタと私だけね」という言葉。ただ、僕とマエケンさんが違うのは好きなタイプで、僕はノーマルな男の子、競泳パンツのお兄さんですが、マエケンさんはホモ同士が好きで一番はカンニングの竹山さんみたいな人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る