楽しんご 前田健さんを追悼「薔薇の花いっぱい送りたい」

公開日:  更新日:

 24日に新宿の路上で倒れ、26日に虚血性心不全のため亡くなった前田健さん(享年44)。生前に番組でゲイであることをカミングアウトしたのはよく知られているが、かつて事務所の後輩として接し、番組でも共演した楽しんごに、その人柄を語ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

 マエケンさんに初めてお会いしたのは7年前。当時、僕はまだ俳優でお笑いに転向しようと思って、前の事務所に初めてネタ見せに行った時。とても後輩思いでタレントとしても人気があったマエケンさん。あややのモノマネはもちろんBEGINさん(比嘉栄昇)のモノマネをしたり、年齢の割に裏声がとても出るので本当に尊敬していました。仕事では厳しく、素人みたいな僕にもダメ出しをしていただき、めちゃうれしかったのを覚えています! 自分のネタにも厳しかったですね。

 僕にもいろいろ声をかけてくれて、印象に残っているのは「女装もしないでホモで芸人なのはアンタと私だけね」という言葉。ただ、僕とマエケンさんが違うのは好きなタイプで、僕はノーマルな男の子、競泳パンツのお兄さんですが、マエケンさんはホモ同士が好きで一番はカンニングの竹山さんみたいな人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る