中森明夫氏 川島なお美さんを追悼「僕たちの世代の女神です」

公開日:  更新日:

 川島なお美さんが亡くなった。54歳。若過ぎる。1960年生まれ、我が新人類世代の大スターだ。80年代初頭、フレッシュな女子大生アイドルとして登場した時の鮮烈さは、忘れられない。篠山紀信が「GORO」の激写で撮ったはちきれそうな肢体は、当時の野郎どもの股間を直撃だった。川島なお美の水着グラビアに「お世話になった」80年代ボーイズはそれこそ無数にいるだろう。

 81年、青山学院大学在学中に文化放送のミスDJリクエストパレードでデビュー。「聴くっきゃな~い!」という甘ったるい口調で人気に。女子大生ブームの火付け役となった。……が、その後、カンニングが発覚して大学を停学に。パッとしない時期が続いた。山口百恵(59年生)に遅すぎて、松田聖子(62年生)に早すぎた。聖子と同じ歌謡教室の出身で、歌手デビューしたが大成せず。

 いつも時代より一歩早いか遅いかして、宿命のように突発的災厄に襲われる。同世代のW浅野(温子&ゆう子)らがさっさとビキニを肩パッド入りスーツに着替え、トレンディー女優に転身している頃、川島なお美は「水戸黄門」ロケのバスが転落して首にギプスを巻いていた!? 「お笑いマンガ道場」の“だん吉なお美のおまけコーナー”が最後の華になるかと思われたが、突如、ヘアヌードブームに参戦。93年、「WOMAN」が大ベストセラーに!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る