• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中森明夫氏 川島なお美さんを追悼「僕たちの世代の女神です」

 川島なお美さんが亡くなった。54歳。若過ぎる。1960年生まれ、我が新人類世代の大スターだ。80年代初頭、フレッシュな女子大生アイドルとして登場した時の鮮烈さは、忘れられない。篠山紀信が「GORO」の激写で撮ったはちきれそうな肢体は、当時の野郎どもの股間を直撃だった。川島なお美の水着グラビアに「お世話になった」80年代ボーイズはそれこそ無数にいるだろう。

 81年、青山学院大学在学中に文化放送のミスDJリクエストパレードでデビュー。「聴くっきゃな~い!」という甘ったるい口調で人気に。女子大生ブームの火付け役となった。……が、その後、カンニングが発覚して大学を停学に。パッとしない時期が続いた。山口百恵(59年生)に遅すぎて、松田聖子(62年生)に早すぎた。聖子と同じ歌謡教室の出身で、歌手デビューしたが大成せず。

 いつも時代より一歩早いか遅いかして、宿命のように突発的災厄に襲われる。同世代のW浅野(温子&ゆう子)らがさっさとビキニを肩パッド入りスーツに着替え、トレンディー女優に転身している頃、川島なお美は「水戸黄門」ロケのバスが転落して首にギプスを巻いていた!? 「お笑いマンガ道場」の“だん吉なお美のおまけコーナー”が最後の華になるかと思われたが、突如、ヘアヌードブームに参戦。93年、「WOMAN」が大ベストセラーに!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る