ベッキーより…「金スマ」に期待される中居×キムタク対談

公開日:  更新日:

 謹慎前にレギュラーを務めていたことから、ベッキー(32)の禊ぎの場が「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)になることは当然予想されていたことだが、すでにその収録が行われていたというから驚きだ。

「金スマ」がベッキー復帰の収録を行ったのは4月末のこと。番組中の人気コーナー「ひとり農業」に参加するため、司会の中居正広(43)ともども茨城に足を運び、そこで中居に“すべて”を打ち明けたという。

 それはともかく、かつては清原復帰にも手を貸した「金スマ」=中居には疑問の声が上がっている。「ベッキーだってお涙頂戴になるんだろ」「だったら、SMAP解散騒動のキムタクを呼べよ」というわけだ。

 お笑いの爆笑問題も10日深夜のラジオでこの問題を取り上げ、太田光(50)が「どうせ感動に持っていくんだろ」というと、相方の田中裕二(51)が「中居くんとかちょいちょいツッコんだりするはず」とフォロー。すると、太田は「中居くんだって今、微妙な立場だからさ。どうせならベッキーとSMAP、揃い踏みだよ。視聴率30%行くな」と冗談交じりに言っていたが、まさに正論ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る