日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円楽 “ラブホ不倫報道”認め謝罪「口説いたと言っていい」

 右も左も不倫ばかり――。10日発売の「フライデー」が当代の三遊亭円楽(66)、つまり「笑点」の司会になり損ねた方の不倫を報じた。

 タイトルは「20歳下アモーレと老いらくのラブホ不倫」。同誌によると、ある金曜日の朝、師匠は自宅のゴミ捨て、植木の水やりなどをした後、タクシーを拾って都心方向へ。途中、住宅街のある邸宅に寄ると、タイミングをはかったように中からミニスカ美女が出てきて、師匠の隣に座った。その後、2人は銀座で下車し、一緒に手打ちそばを食ったり、マッサージ店などに寄った後、もう一度タクシーを拾って、錦糸町方面へ向かい、午後4時過ぎ、ラブホへシケ込んだという。

 後日、同誌が円楽を直撃すると、当初は余裕をかましていたが、「写真」の存在を確認すると、慌てて当の女性や妻などに電話をかけ始め、記者に「ホテルには行ったけど、打ち合わせだから」と苦しい言い訳。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事