円楽 “ラブホ不倫報道”認め謝罪「口説いたと言っていい」

公開日:  更新日:

 右も左も不倫ばかり――。10日発売の「フライデー」が当代の三遊亭円楽(66)、つまり「笑点」の司会になり損ねた方の不倫を報じた。

 タイトルは「20歳下アモーレと老いらくのラブホ不倫」。同誌によると、ある金曜日の朝、師匠は自宅のゴミ捨て、植木の水やりなどをした後、タクシーを拾って都心方向へ。途中、住宅街のある邸宅に寄ると、タイミングをはかったように中からミニスカ美女が出てきて、師匠の隣に座った。その後、2人は銀座で下車し、一緒に手打ちそばを食ったり、マッサージ店などに寄った後、もう一度タクシーを拾って、錦糸町方面へ向かい、午後4時過ぎ、ラブホへシケ込んだという。

 後日、同誌が円楽を直撃すると、当初は余裕をかましていたが、「写真」の存在を確認すると、慌てて当の女性や妻などに電話をかけ始め、記者に「ホテルには行ったけど、打ち合わせだから」と苦しい言い訳。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る