89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績

公開日: 更新日:

 かつて西城秀樹、浅田美代子、岩崎宏美らが在籍していた大手芸能事務所「芸映」の青木伸樹会長が12日、心不全のため亡くなった。89歳だった。

 青木氏が社長に就任したのは1968年で、前任者は俳優の伴淳三郎。決して創業者だったわけではない。

「戦後の芸能界がその筋の人たちに牛耳られていた時代から、徐々に近代化され、70年代以降“アイドル全盛期”を迎えます。そうした中、芸能界のど真ん中にいた人ですね」というのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

 芸映発展の最初のきっかけは1972年の西城秀樹のデビューといわれる。

「ヒデキは今でこそ郷ひろみ野口五郎と並んで『新ご三家』といわれていますが、デビュー当時は2人から出遅れていて、『紅白』にもなかなか出られませんでした。そうした中、アイドルとして初めて野球場を借りてコンサートを開くなどして徐々に知名度を高め、デビュー3年目にしてようやく『紅白』にも出場できた。このへんの目の付けどころは青木さんのセンスといっていいでしょうね」(肥留間氏=以下同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る