内山信二の復活劇 他の“しくじりタレント”と何が違った?

公開日:  更新日:

 19日、キリン「のどごし〈生〉夏はみんなでメガBBQ!パーク」オープニングイベントに出席した内山信二(34)の評判が上々だ。

 この日は「ダチョウ倶楽部」の肥後克広(53)と寺門ジモン(53)と共に、上島竜兵(55)の「代役」で登場。上島不在の理由について肥後は「1人の仕事を入れてしまって、内山クンにピンチヒッターで来てもらった」と説明。ハンチング帽をかぶった内山は、上島になりきり“伝統芸能”の「キス芸」「どうぞ、どうぞ」に加え、アツアツおでん芸ならぬ「アツアツ焼き肉芸」を披露。これが大爆笑となり、肥後から「内山の方がいいな。(上島は)卒業してもらおう」と絶賛されていた。

 内山は6歳のとき「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)で芸能界デビューすると、一気にブレーク。しかし、番組が終了すると同時に大人に対する横柄な態度が災いして仕事が激減、16歳のときには収入がゼロに。高校も中退し、芸能界から姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る