デブキャラ需要に“格差” 三瓶にあって内山信二にないもの

公開日:  更新日:

 元人気子役の内山信二(34)がピーク時の収入が「月収3000万円だった」と明かして話題になっている。6歳で人気者になった頃からギャラは手渡しでもらっていて、いくら稼いでいるか分かっていたため、両親に対して「僕、アンタたちより稼いでいるんですけど」など暴言を吐いたこともあるという。

 ところが、16歳時に収入ゼロとなり、高校中退、一時は引きこもりになったことも。今は地方のテレビ局などで細々と活動を続けているが、そこで気になるのが同じデブキャラの三瓶(38)だ。

「さんぺいです」以外、さしたるギャグもなく、(内山と同様)早々に消えると思われていたが、いまだに「もしもツアーズ」(フジテレビ系)でレギュラー出演を果たしている。なぜなのか。

「事務所が『よしもと』というのが大きいでしょうね。内山も磯野貴理子やラサール石井が所属する石井光三オフィスですから、そこそこのブッキング力はあるでしょうが、よしもとと比べたら足元にも及ばない。そこが最大の理由でしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る