デブキャラ需要に“格差” 三瓶にあって内山信二にないもの

公開日:  更新日:

 元人気子役の内山信二(34)がピーク時の収入が「月収3000万円だった」と明かして話題になっている。6歳で人気者になった頃からギャラは手渡しでもらっていて、いくら稼いでいるか分かっていたため、両親に対して「僕、アンタたちより稼いでいるんですけど」など暴言を吐いたこともあるという。

 ところが、16歳時に収入ゼロとなり、高校中退、一時は引きこもりになったことも。今は地方のテレビ局などで細々と活動を続けているが、そこで気になるのが同じデブキャラの三瓶(38)だ。

「さんぺいです」以外、さしたるギャグもなく、(内山と同様)早々に消えると思われていたが、いまだに「もしもツアーズ」(フジテレビ系)でレギュラー出演を果たしている。なぜなのか。

「事務所が『よしもと』というのが大きいでしょうね。内山も磯野貴理子やラサール石井が所属する石井光三オフィスですから、そこそこのブッキング力はあるでしょうが、よしもとと比べたら足元にも及ばない。そこが最大の理由でしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る