• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

耳に手当て「なんですか?」 舛添知事と号泣県議の違いは

 舛添東京都知事の13日の釈明会見の様子が、号泣県議・野々村竜太郎氏とソックリと話題だ。そもそも勝手知ったる都庁で、いつも通り記者の質問を受けているのだ。このときだけ聞こえないハズがないのに、なぜ?

 日大教授の佐藤綾子氏(パフォーマンス心理学)は「その場に適応できていない不安や焦りからオーバージェスチャーになってしまったといえます。ですが、この2人の様子は手の位置が異なり、大きく意味が異なります」と指摘する。

 耳に手を当てるのは集音行為だ。なのに、野々村氏は耳の前。聞きたくない気持ちマンマンというわけである。それに比べ、舛添氏は耳の後ろに手を添えているものの、大げさにアピールしたのだ。

「子供がおもちゃを買ってほしいとダダをこねて暴れているのと同じ。不必要な動作で『聞いています!』とアピールしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る