耳に手当て「なんですか?」 舛添知事と号泣県議の違いは

公開日:  更新日:

 舛添東京都知事の13日の釈明会見の様子が、号泣県議・野々村竜太郎氏とソックリと話題だ。そもそも勝手知ったる都庁で、いつも通り記者の質問を受けているのだ。このときだけ聞こえないハズがないのに、なぜ?

 日大教授の佐藤綾子氏(パフォーマンス心理学)は「その場に適応できていない不安や焦りからオーバージェスチャーになってしまったといえます。ですが、この2人の様子は手の位置が異なり、大きく意味が異なります」と指摘する。

 耳に手を当てるのは集音行為だ。なのに、野々村氏は耳の前。聞きたくない気持ちマンマンというわけである。それに比べ、舛添氏は耳の後ろに手を添えているものの、大げさにアピールしたのだ。

「子供がおもちゃを買ってほしいとダダをこねて暴れているのと同じ。不必要な動作で『聞いています!』とアピールしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る