芸人ガリガリガリクソン 自転車で乗り越えた“交通費問題”

公開日: 更新日:

 ニートキャラのデブ芸人として人気のガリガリガリクソンさん(30)。芸人を志したのは15歳の時。吉本興業に所属して初めてギャラの振り込みがあったのは19歳――。

■高校不登校で引きこもり

 僕は中学、高校と関西じゃ、それなりに知られた私立の進学校に通ってたんです。せやけど、高校1年で身長は170センチ以上あったものの、体重が100キロ超のおデブで、学校ではずいぶん酷いイジメに遭うてましてね。不登校になって引きこもり、自分の部屋でお笑い番組のビデオばっかり見てました。

 それがいつしか、「自分が舞台に立ってお客さんを笑わせたい!」って願望に変わって、週末は自主ライブをするようになったんです。当時まだ15歳。ちょうどM-1グランプリが始まった年やったから15年前ですわ。

 自主ライブ、言うてもどこかのホール借りたりするほどでもなくて、たいがい難波の「ワッハ上方」の会議室。今でいう若手芸人のインディーズライブのハシリやね。コンビ結成前のウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、「R―1ぐらんぷり2013」優勝者の三浦マイルドさんらが仲間で、ほぼ毎週、10組ほど集まってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る