日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

母入院&兄家出で生活保護を…池乃めだかの“壮絶少年時代”

 猫のモノマネやネクタイより身長が低いギャグで知られるお笑いタレントの池乃めだかさん(72)は、吉本新喜劇には不可欠の名脇役。昨年、芸能生活50周年を迎えた。そんなめだかさんの壮絶な幼少期とは――。

  ◇  ◇  ◇

 オトンの顔は知らんのですよ。大工やっとったらしいけど、3歳の時に病死したんですわ。脳出血いう話やね。で、ずっと13歳年上の兄と母子家庭でね。オカンは家で洋裁の針仕事、兄貴は鉄工所で働いて生活費を稼いどった。

 そうは言うても、オカンは親父を亡くした寂しさもあったんやろなあ。酒に走ってもうて、金がないのに飲んだくれとったから、もらえる洋裁代なんてしれてます。そら貧乏やったで。

 住んどったのは大阪・守口市郊外の長屋。1棟に4世帯あって、どれも6畳に4畳半。小さい台所が付いてたけど、風呂なんてもんは当然ないわなぁ。ガラス窓はガラスが割れるとベニヤ板張って補修や。新しいガラス買うお金なんてないんやから。長屋自体が古ぅて家じゅう隙間だらけ。冬は外と変わらへんくらい寒かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事