元麻薬取締官に聞く 高知逮捕は警察へのマトリの対抗心か

公開日: 更新日:

 そうであれば、同じような組織は2つもいらないのでは?

「確かに小泉政権時代に、警察、海上保安庁、税関の職員を合わせた統合組織をつくろうという動きがありました。ただ、我々の方から『ようでけん』と断ったように記憶しています」

 やはり、警察組織へのライバル心は残っているのでは?

「清原を警視庁がパクったことで、いい意味での対抗心は働いたと思います。むしろ、互いに競争し合って高みに上らないと、こういう薬物犯罪はなくならない。我々は元来、厚労省の職員ですから、学校の生徒や司法修習生、保護司の方々などに薬物乱用の危険性などを地道に指導していく活動を行っています。芸能人の逮捕は一罰百戒でマスコミも大きく取り上げますから、啓蒙という観点からは効果が大きい。尾行や張り込みには一般人以上に神経を使いますが、力も入ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る