還暦ホヤホヤの大地真央 「ベストプラチナエイジスト」に

公開日: 更新日:

 シルバー世代はお馴染みだが、「プラチナエイジ」という呼び方もあるんだとか。プラチナのように輝いて生きている60歳オーバーを対象とした「第2回プラチナエイジ授賞式」が5日、開催され、ベストプラチナエイジスト(女性部門)に女優の大地真央(60)が選ばれた。

 今年2月に還暦を迎えたばかり、プラチナエイジ成り立てホヤホヤでの受賞である。「今年はプラチナ950を使ったジュエリーのデザインをやらせていただいたり、プラチナとご縁があるようです。これからもプラチナのようにしなやかに、フレキシブルに自分を持って精進していきたい」と喜びを語ったのだった。

 NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」では主人公の祖母役を演じ、白髪にハッピ姿が“トレードマーク”だが、この日はドレッシーな黒のドレスに、黒髪ツヤツヤのパーマネントヘア。先月出演した「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、初めてのおばあちゃん役で同い年の60歳と話していたが、実に若々しい婆さんである。ちなみに、元タカラジェンヌの美の秘訣は「お水をたくさん飲んだり、フルーツやお野菜も多めにとったり。あとはちゃんと寝ること」といたってフツー。

 授賞式には、前回の受賞者であるピーター(63)がサプライズでお祝いに駆けつけ、「これからも長~く“妖怪”として生きていきたい」と会場の笑いを誘った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  3. 3

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る