還暦ホヤホヤの大地真央 「ベストプラチナエイジスト」に

公開日:  更新日:

 シルバー世代はお馴染みだが、「プラチナエイジ」という呼び方もあるんだとか。プラチナのように輝いて生きている60歳オーバーを対象とした「第2回プラチナエイジ授賞式」が5日、開催され、ベストプラチナエイジスト(女性部門)に女優の大地真央(60)が選ばれた。

 今年2月に還暦を迎えたばかり、プラチナエイジ成り立てホヤホヤでの受賞である。「今年はプラチナ950を使ったジュエリーのデザインをやらせていただいたり、プラチナとご縁があるようです。これからもプラチナのようにしなやかに、フレキシブルに自分を持って精進していきたい」と喜びを語ったのだった。

 NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」では主人公の祖母役を演じ、白髪にハッピ姿が“トレードマーク”だが、この日はドレッシーな黒のドレスに、黒髪ツヤツヤのパーマネントヘア。先月出演した「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、初めてのおばあちゃん役で同い年の60歳と話していたが、実に若々しい婆さんである。ちなみに、元タカラジェンヌの美の秘訣は「お水をたくさん飲んだり、フルーツやお野菜も多めにとったり。あとはちゃんと寝ること」といたってフツー。

 授賞式には、前回の受賞者であるピーター(63)がサプライズでお祝いに駆けつけ、「これからも長~く“妖怪”として生きていきたい」と会場の笑いを誘った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る