還暦ホヤホヤの大地真央 「ベストプラチナエイジスト」に

公開日: 更新日:

 シルバー世代はお馴染みだが、「プラチナエイジ」という呼び方もあるんだとか。プラチナのように輝いて生きている60歳オーバーを対象とした「第2回プラチナエイジ授賞式」が5日、開催され、ベストプラチナエイジスト(女性部門)に女優の大地真央(60)が選ばれた。

 今年2月に還暦を迎えたばかり、プラチナエイジ成り立てホヤホヤでの受賞である。「今年はプラチナ950を使ったジュエリーのデザインをやらせていただいたり、プラチナとご縁があるようです。これからもプラチナのようにしなやかに、フレキシブルに自分を持って精進していきたい」と喜びを語ったのだった。

 NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」では主人公の祖母役を演じ、白髪にハッピ姿が“トレードマーク”だが、この日はドレッシーな黒のドレスに、黒髪ツヤツヤのパーマネントヘア。先月出演した「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、初めてのおばあちゃん役で同い年の60歳と話していたが、実に若々しい婆さんである。ちなみに、元タカラジェンヌの美の秘訣は「お水をたくさん飲んだり、フルーツやお野菜も多めにとったり。あとはちゃんと寝ること」といたってフツー。

 授賞式には、前回の受賞者であるピーター(63)がサプライズでお祝いに駆けつけ、「これからも長~く“妖怪”として生きていきたい」と会場の笑いを誘った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る