• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老舗経済誌が落語特集 桂歌丸は「人間国宝」になれるのか

「週刊東洋経済」は「EU離脱」、「プレジデント」は「新しいお金のため方」。老舗経済誌が当然のことながら最新の経済情報を特集しているなか、「週刊ダイヤモンド」が突拍子もない特集をしていて、話題になっている。その名も「落語にハマる!」。ブチ抜き40ページを使っての大特集だ。

 それにしてもなんでこの時期に? おそらく最近の「笑点」の話題性に注目してのものだろうが、内容を見ると「現在落語家の数は過去最高の800人」「でも食えるのはホンの一握りで、例えば寄席に9日間出てもギャラは1万円、日当約1000円」など目からウロコの情報が満載。中でも目を引いたのが「歌丸は人間国宝になれる?」という特集。結論からいうと「認定の可能性は低い」とか。

 これまで歌舞伎から人間国宝に選ばれたのは24人もいるのに対して、落語から選ばれたのは柳家小さん(1995年)、桂米朝(1996年)、柳家小三治(2014年)の3人だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る