• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老舗経済誌が落語特集 桂歌丸は「人間国宝」になれるのか

「週刊東洋経済」は「EU離脱」、「プレジデント」は「新しいお金のため方」。老舗経済誌が当然のことながら最新の経済情報を特集しているなか、「週刊ダイヤモンド」が突拍子もない特集をしていて、話題になっている。その名も「落語にハマる!」。ブチ抜き40ページを使っての大特集だ。

 それにしてもなんでこの時期に? おそらく最近の「笑点」の話題性に注目してのものだろうが、内容を見ると「現在落語家の数は過去最高の800人」「でも食えるのはホンの一握りで、例えば寄席に9日間出てもギャラは1万円、日当約1000円」など目からウロコの情報が満載。中でも目を引いたのが「歌丸は人間国宝になれる?」という特集。結論からいうと「認定の可能性は低い」とか。

 これまで歌舞伎から人間国宝に選ばれたのは24人もいるのに対して、落語から選ばれたのは柳家小さん(1995年)、桂米朝(1996年)、柳家小三治(2014年)の3人だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る