老舗経済誌が落語特集 桂歌丸は「人間国宝」になれるのか

公開日: 更新日:

「週刊東洋経済」は「EU離脱」、「プレジデント」は「新しいお金のため方」。老舗経済誌が当然のことながら最新の経済情報を特集しているなか、「週刊ダイヤモンド」が突拍子もない特集をしていて、話題になっている。その名も「落語にハマる!」。ブチ抜き40ページを使っての大特集だ。

 それにしてもなんでこの時期に? おそらく最近の「笑点」の話題性に注目してのものだろうが、内容を見ると「現在落語家の数は過去最高の800人」「でも食えるのはホンの一握りで、例えば寄席に9日間出てもギャラは1万円、日当約1000円」など目からウロコの情報が満載。中でも目を引いたのが「歌丸は人間国宝になれる?」という特集。結論からいうと「認定の可能性は低い」とか。

 これまで歌舞伎から人間国宝に選ばれたのは24人もいるのに対して、落語から選ばれたのは柳家小さん(1995年)、桂米朝(1996年)、柳家小三治(2014年)の3人だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る