映画「ブルックリン」はアイルランド版“三丁目の夕日”か

公開日: 更新日:

 新聞や雑誌の映画評でこぞって高評価されていた映画「ブルックリン」(ジョン・クローリー監督)が“想定外”のヒットとなっている。

「公開館数は全国20館。最終的な興行収入は1億円の見込み。小規模マーケットの作品でスマッシュヒットといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

 今年2月の第88回アカデミー賞で、作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品。

「この手の作品はいわば芸術色が強い面もあり、都市部で客足が伸びる傾向がある。そこで口コミが牽引し、徐々に上映館数を増やし、長いスパンで公開していくタイプの一本。老若男女、単身、友達、カップルなど幅広い客層に支持されているので、息の長い作品になるのでは」(前出の大高氏)

 主演女優のアイルランド人のシアーシャ・ローナン(22)は、子役出身だが日本ではほぼ無名。50年代にアイルランドの田舎から米NYのブルックリンに出稼ぎにきた移民少女の恋と葛藤を描いた物語だ。ホームシックに陥りながらも、デパートの売り子としてけなげに働き、徐々に垢抜けていく姿を描いたシンデレラストーリーだが、それだけじゃ、これだけのヒットにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る