• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ブルックリン」はアイルランド版“三丁目の夕日”か

 新聞や雑誌の映画評でこぞって高評価されていた映画「ブルックリン」(ジョン・クローリー監督)が“想定外”のヒットとなっている。

「公開館数は全国20館。最終的な興行収入は1億円の見込み。小規模マーケットの作品でスマッシュヒットといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

 今年2月の第88回アカデミー賞で、作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品。

「この手の作品はいわば芸術色が強い面もあり、都市部で客足が伸びる傾向がある。そこで口コミが牽引し、徐々に上映館数を増やし、長いスパンで公開していくタイプの一本。老若男女、単身、友達、カップルなど幅広い客層に支持されているので、息の長い作品になるのでは」(前出の大高氏)

 主演女優のアイルランド人のシアーシャ・ローナン(22)は、子役出身だが日本ではほぼ無名。50年代にアイルランドの田舎から米NYのブルックリンに出稼ぎにきた移民少女の恋と葛藤を描いた物語だ。ホームシックに陥りながらも、デパートの売り子としてけなげに働き、徐々に垢抜けていく姿を描いたシンデレラストーリーだが、それだけじゃ、これだけのヒットにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る