映画「ブルックリン」はアイルランド版“三丁目の夕日”か

公開日:  更新日:

 新聞や雑誌の映画評でこぞって高評価されていた映画「ブルックリン」(ジョン・クローリー監督)が“想定外”のヒットとなっている。

「公開館数は全国20館。最終的な興行収入は1億円の見込み。小規模マーケットの作品でスマッシュヒットといえるでしょう」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

 今年2月の第88回アカデミー賞で、作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品。

「この手の作品はいわば芸術色が強い面もあり、都市部で客足が伸びる傾向がある。そこで口コミが牽引し、徐々に上映館数を増やし、長いスパンで公開していくタイプの一本。老若男女、単身、友達、カップルなど幅広い客層に支持されているので、息の長い作品になるのでは」(前出の大高氏)

 主演女優のアイルランド人のシアーシャ・ローナン(22)は、子役出身だが日本ではほぼ無名。50年代にアイルランドの田舎から米NYのブルックリンに出稼ぎにきた移民少女の恋と葛藤を描いた物語だ。ホームシックに陥りながらも、デパートの売り子としてけなげに働き、徐々に垢抜けていく姿を描いたシンデレラストーリーだが、それだけじゃ、これだけのヒットにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る