NHKの歌謡番組で常連 31歳丘みどりは“演歌界の団地妻”

公開日: 更新日:

 まだ1年を折り返したばかりというのに、「今年の年末が楽しみ」と呼び声の高い歌手がいる。それも、「丘みどり」というあまり聞き覚えのない(失礼!)演歌歌手だからビックリだ。

「なにしろ、NHKへの貢献がハンパじゃないのです。昨年の後半あたりから総合の『歌謡コンサート』にチラホラ出始め、今年に入るとほぼ毎週、その勢いは4月から『歌謡コンサート』を引き継いだ『うたコン』でも衰えを見せず、まるでレギュラーのように登場しています。もちろん、BSの『新・BS日本のうた』や『歌う!SHOW学校』でも同様なのです」(音楽関係者)

 その余勢をかってか、6月にリリースした新曲「霧の川」は発売2週目にしてオリコン演歌チャート1位を獲得している。

 実は新人歌手ではない。84年生まれの31歳。演歌好きの祖母に連れられ、さまざまなコンサートに行く中、鳥羽一郎に衝撃を受け、子供の頃からの夢は「演歌歌手になること」。18歳でチャンスは巡ってきた。ところが、事務所の方針は「アイドル歌手」。「NO」とも言えずデビューを果たしたが、幼い頃からの夢を捨てきれず、ようやく05年に演歌転向を果たした。以来、先月までで7枚のシングルを出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る