“目撃情報”続々 「ポケモンGO」は日本に上陸していた?

公開日: 更新日:

 世界を席巻しているスマホ用ゲーム「ポケモンGO」の日本配信をめぐり、待ちわびるファンがヤキモキしている。20日にもサービスが解禁されるとの情報が流れていたが、フライングだったもよう。にもかかわらず、ネット上では〈日比谷公園でポケモンを確保した〉〈小笠原村にポケモンがいる〉といった書き込みが相次ぎ、騒動は過熱する一方だ。

 どうやら、米国など海外版のiTunesをインストールしたスマホを使えば、日本にいながらにして「ポケモンGO」のアプリを落とせるらしい。そうした裏ワザを使って遊んでいるようなのだが、それが本当だとしたら、すでに日本でもポケモンをゲットできるのか。

 米国版iTunesを経由してインストール済みのITジャーナリストの三上洋氏は言う。

「配信がスタートしていない日本で“正規”のポケモンが出現するのは考えられません。私のスマホではアプリを開いても、何の動きもありません。開発した米ナイアンティック社がシステムを制御し、日本でポケモンが出現しないようにセーブしているからです。仮にポケモンを目撃したとしたら、システムの不具合によるバグで発生したものでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る