• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西郷輝彦 “再注目”のキーワードは「ITオタク」と「護憲」

 69歳のベテラン歌手・西郷輝彦が久々、注目を浴びている。キーワードは「IT」と「護憲」だ。

 まず、ITから。西郷は25日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で今話題の「ポケモンGO」に触れ、「昨日から始めました。ドードーを見つけました」とコメント。これについて、一部で「オジサンが無理しちゃって」「またまた便乗か」などの声が上がっているが、実はとんでもない誤解。西郷は芸能界でも知る人ぞ知る「パソコン・オタク」「ITオタク」なのだ。

 2011年に日刊ゲンダイが連載した「歌と芝居で半世紀」でもこんなことを言っていた。

「ボクはもともとパソコンが好きで、アップルのコンピューターが出始めた80年代から『Macオタク』なのですが、今はツイッターやフェイスブックを使って、いろんな人たちと交流することを楽しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る