日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1日20時間も NHKが五輪と高校野球で“スポーツ専門局化”

 5日(日本時間6日)にリオ五輪が開幕し、地上波は本格的に五輪中継が増えるが、中でもNHKの放送の多さは驚くばかり。

 たとえば6日は、前夜22時から夜中もずっと中継し、ハイライトも含めて昼まで放送。その後は競技のない午後以外は、ほぼぶっ通しの中継になる。民放はおもにゴールデンタイムや朝に、一局のみの放送がポツポツある程度だから、NHKの放送はめちゃくちゃ多い。それだけ放映権を持っているということだが、午後を除いて五輪一色の編成が続くのは異常ではないか。

 また、7日からは高校野球も中継する。タイムテーブルは高校野球はEテレで放送。五輪の競技がない午後は総合で高校野球をやるから、平日のレギュラーは朝ドラ「とと姉ちゃん」とニュースだけで、あとは休止し、20時間もスポーツをやる日もある。これでは「スポーツ専門局か」といっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事