• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

世間が注目する“元夫婦”の今後 高島礼子は法廷に立つか?

 芸能人とメディアは心理合戦の一面もある。特にスキャンダルが発生した際は相手がどう出るか、お互いに読み合いをする。

 夫・高知東生被告(51)が覚醒剤取締法違反の罪で逮捕された高島礼子(52)は先手必勝だった。逮捕直後、メディアは即座に高島が撮影中の京都での定宿を軒並み調べた。狙いは直撃だったが、周囲の口は堅く姿は掴めずにいると、6日後に高島は京都で会見。しかも、自ら「尿検査」をしたことを明かし、気丈に対応した。その姿に「立派だった」と多くの人の同情を買った。

 離婚についても質問を遮ることなく、「選択肢のひとつ」と否定しなかった。そこには「覚醒剤に愛人の存在。妻への裏切りの大きさから離婚するのは当然」という業界内からの声も後押ししたと思う。和田アキ子はラジオで私的な意見として「離婚なんかできるの」と異論を唱え、逆にネットで叩かれるという余談もあったが、世間の最大関心事は夫婦の今後にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る