フォーク3人組「日暮し」武田清一さんはレコード収集家に

公開日:  更新日:

 透き通るような女性ボーカルと、男性ハーモニーが絶妙だった3人組フォークグループの「日暮し」。情緒ある詞と曲調が心に響いたものだ。1977年発売の「い・に・し・え」が中野良子主演のテレビドラマ「恋歌」(日本テレビ系)の挿入歌として20万枚を超えるヒットとなった。79年に解散。ちなみに女性ボーカルの榊原尚美さんは、杉村尚美として、その後ソロで活動、「サンセット・メモリー」をヒットさせた。グループのリーダーで、作詞・作曲のほとんどを手掛けたのが武田清一さん(66)だ。今どうしているのか。

■RCサクセションの前身バンド

 実は武田さん、09年に亡くなった忌野清志郎(本名・栗原清志)さんの国分寺市立第三中学校の2年先輩。「セイちゃん」「キヨシ」の仲で、バンドを組んだこともある。

「ボクが高3、キヨシが高1の時でした。彼の同級生の3人でザ・リメインダーズ・オブ・ザ・クローバーってバンドをつくったんです。外国のバンドのコピーが当たり前だった時代、ボクらはオリジナル曲に挑みましてね。キヨシは当時からものすごく音楽的な才能を感じさせる、繊細な少年でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る