日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミス美しい20代」初代GPは現役女子大生で“空手2段”

 29日、大手芸能事務所のオスカープロモーション主催「第1回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリに輝いた是永瞳(21)。事務所の先輩となる武井咲(22)、剛力彩芽(24)、河北麻友子(24)らに祝福され、「このグランプリの言葉が、ずっとずっと欲しかったです」と喜びを爆発させた。

 オスカーといえば「5年間は恋愛禁止」というルールがあるが、「(男性も)女性として見ます」と恋愛封印を宣言。憧れの女性について聞かれると「(ハリウッド女優の)アン・ハサウェイさん。カメレオンのようにいろんな役柄を演じていて、キュートなところが好きです」と明かした。

 是永は身長173センチ。福岡大学3年の現役女子大生で、特技は小学生のときから続けている空手。2段の腕前で、「将来はいろいろなことにチャレンジしていきたい。空手道が2020年の東京五輪の種目に選ばれました。声援を伝えられる懸け橋となるように、リポーターなどスポーツに関わる仕事や、料理も好きなので、そういう仕事もやっていけたら」と抱負を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事