武井咲へのストーカー演技絶賛 “元カレ役”高橋光臣の素顔

公開日:  更新日:

 武井咲(22)の主演ドラマ「せいせいするほど、愛してる」は、視聴率的に早くも沈没してしまった。初回9.3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)から、7.4%、6.7%と回を追うごとに大幅に数字を下げ続けている。ネット上の意見も手厳しく、主演の武井については「可愛いのは認めるが、ただ可愛いだけ」、相手役のタッキーこと滝沢秀明(34)についても「カッコイイのは認めるが、エアギターが異様」と、否定的な意見が多かった。

 そんな中でただ一人、きらりと光る演技で話題となっているのが武井の元恋人役を演じる高橋光臣(34)だ。

 第1話で武井にプロポーズするも「仕事を続けたいから」と指輪を返されて、「わかった。仕事頑張れよ」と円満に恋人関係を解消したと思ったら、武井の部屋に突然現れ「ずっとそばにいるよ」とストーカー化する難しい役どころを演じた。この演技に対し「爽やかイケメンの高橋くんのストーカーが怖すぎる」「マジでホラー」などと、リアルな演技が絶賛されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る