武井咲へのストーカー演技絶賛 “元カレ役”高橋光臣の素顔

公開日:  更新日:

 武井咲(22)の主演ドラマ「せいせいするほど、愛してる」は、視聴率的に早くも沈没してしまった。初回9.3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)から、7.4%、6.7%と回を追うごとに大幅に数字を下げ続けている。ネット上の意見も手厳しく、主演の武井については「可愛いのは認めるが、ただ可愛いだけ」、相手役のタッキーこと滝沢秀明(34)についても「カッコイイのは認めるが、エアギターが異様」と、否定的な意見が多かった。

 そんな中でただ一人、きらりと光る演技で話題となっているのが武井の元恋人役を演じる高橋光臣(34)だ。

 第1話で武井にプロポーズするも「仕事を続けたいから」と指輪を返されて、「わかった。仕事頑張れよ」と円満に恋人関係を解消したと思ったら、武井の部屋に突然現れ「ずっとそばにいるよ」とストーカー化する難しい役どころを演じた。この演技に対し「爽やかイケメンの高橋くんのストーカーが怖すぎる」「マジでホラー」などと、リアルな演技が絶賛されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る