さとう珠緒の哀れ 人生の岐路に立っても芸風は相変わらず

公開日: 更新日:

「プンプン!」のぶりっ子キャラで2004年、05年と「『女が嫌いな女』1000人アンケート」(週刊文春)で2年連続1位に選ばれるという不名誉をもらった。これに対して、「初年度はかわいい子ばっかり並んでいたので、『嫉妬かな』とか思ってたんです」の受け答えに、ますます「やっぱり大嫌い!」と不快になった女たちが多かった。

 さとうが嫌われる理由は、単なるぶりっ子キャラだけではない。幼い精神性に逆なでされるのだ。

 さとうは18歳から20年間、所属していた元事務所の女社長から、約3000万円の損害賠償請求訴訟を起こされた。1300万円もの借金の半分以上が未返済、さらに湘南美容外科クリニックとの広告契約をドタキャンしたため1800万円もの損害が出たという理由で、前事務所が12年に訴えたのだ。

 そのため、テレビから遠のき、主な仕事はパチンコ店のイベントにデパートでのトークイベント、花火大会のゲストと一気に転落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る