さとう珠緒の哀れ 人生の岐路に立っても芸風は相変わらず

公開日:  更新日:

「プンプン!」のぶりっ子キャラで2004年、05年と「『女が嫌いな女』1000人アンケート」(週刊文春)で2年連続1位に選ばれるという不名誉をもらった。これに対して、「初年度はかわいい子ばっかり並んでいたので、『嫉妬かな』とか思ってたんです」の受け答えに、ますます「やっぱり大嫌い!」と不快になった女たちが多かった。

 さとうが嫌われる理由は、単なるぶりっ子キャラだけではない。幼い精神性に逆なでされるのだ。

 さとうは18歳から20年間、所属していた元事務所の女社長から、約3000万円の損害賠償請求訴訟を起こされた。1300万円もの借金の半分以上が未返済、さらに湘南美容外科クリニックとの広告契約をドタキャンしたため1800万円もの損害が出たという理由で、前事務所が12年に訴えたのだ。

 そのため、テレビから遠のき、主な仕事はパチンコ店のイベントにデパートでのトークイベント、花火大会のゲストと一気に転落した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る