2度不倫の山本モナ 年商40億円社長と結婚&引退の次は…

公開日:  更新日:

「モーナ、モナ、モナ、不倫の子」と男性誌が面白おかしく山本の2度目の不倫事件を取り上げた当時、女たちは対照的に「あんな女がなぜキャスターに?」といまいましく吐き捨てた。

 2度目の不倫事件とは、08年7月に巨人軍・二岡智宏選手と、新宿2丁目のゲイバーで意気投合して泥酔した後に、タクシーでキスを交わしながら、五反田の宿泊9800円のラブホに入ったという事件だ。

 二岡はフリーアナウンサーの妻と、1歳になったばかりの長男を持つ既婚男性。山本の不倫発覚は2度目だった。最初は06年。TBS「NEWS23」で念願のキャスターに抜擢された直後に民主党の細野豪志との路上キスをフライデーされ、細野氏は政調会長代理職の辞表を提出。その後の政治活動にも影響を及ぼすハメに。

山本は放送5回で「NEWS23」を降板し、その悪夢から1年9カ月後にフジテレビ「サキヨミ」でキャスターとして復帰。その夜に起こった二岡との不倫に、山本は「(ラブホでは)本当にお酒を飲んだだけで、他には何もしなかった」と誰一人信用しないコメントを出す。その説得力のなさに、ブーイングが起こるのは当たり前だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る