日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2度不倫の山本モナ 年商40億円社長と結婚&引退の次は…

「モーナ、モナ、モナ、不倫の子」と男性誌が面白おかしく山本の2度目の不倫事件を取り上げた当時、女たちは対照的に「あんな女がなぜキャスターに?」といまいましく吐き捨てた。

 2度目の不倫事件とは、08年7月に巨人軍・二岡智宏選手と、新宿2丁目のゲイバーで意気投合して泥酔した後に、タクシーでキスを交わしながら、五反田の宿泊9800円のラブホに入ったという事件だ。

 二岡はフリーアナウンサーの妻と、1歳になったばかりの長男を持つ既婚男性。山本の不倫発覚は2度目だった。最初は06年。TBS「NEWS23」で念願のキャスターに抜擢された直後に民主党の細野豪志との路上キスをフライデーされ、細野氏は政調会長代理職の辞表を提出。その後の政治活動にも影響を及ぼすハメに。

山本は放送5回で「NEWS23」を降板し、その悪夢から1年9カ月後にフジテレビ「サキヨミ」でキャスターとして復帰。その夜に起こった二岡との不倫に、山本は「(ラブホでは)本当にお酒を飲んだだけで、他には何もしなかった」と誰一人信用しないコメントを出す。その説得力のなさに、ブーイングが起こるのは当たり前だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事