水着写真消滅が原因? 深田恭子のインスタがスパムばかりに

公開日:  更新日:

 7月23日の開設から1カ月でフォロワー100万人を達成、その後もフォロワーを増やし続けている女優・深田恭子(33)のインスタグラム。向かうところ死角なし、絶好調と言いたいところだが、実は最近ある“異変”が起きている。コメント欄を見てみると、スパムメッセージがやたらと目立つのだ。

 深田のインスタグラムは、本人の写真集である「AKUA」「This is Me」発売と同時にスタート。撮影時のオフショットとみられる水着写真が次々と掲載され、ファンから膨大な数のコメントが寄せられるなど、大きな反響を呼んだ。

 ところが7月末を最後に水着写真のアップが途絶え、代わって掲載され始めたのが深田本人の仕事やプライベートの様子を撮った画像。8月にはゴルフの打ちっぱなしをする動画を投稿すると、<可愛すぎます><何しても絵になるなあ>と賛辞が殺到したものの、この頃から美容・健康用品やダイエット系サプリメントのスパムメッセージがコメント欄にチラホラ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る