リアリティーは二の次 石原さとみ「校閲ガール」の醍醐味

公開日:  更新日:

 石原さとみ(29)が存在感を見せつけた。主演ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(水曜22時、日本テレビ系)の初回(5日)視聴率が12.9%をマークし、好発進をきったのだ。

 物語の合間には、自身が登場する柔軟剤(花王)と転職サイト(マイナビ)のCMも流れるなど、数字は稼ぐわ、カネは引っ張ってくるわ、テレビ局としては一石二鳥。さとみサマサマといったところだろう。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「くるくると変わる表情や畳み掛けるような早口のセリフ……演じる女優の武器を前面に押し出した『ザ・石原さとみ』ドラマでしたね。原作は小説ですが、まるで漫画の実写化のような味付けを施した新手の演出方法。若い世代は食いつきやすいかもしれません」

 総合出版社に途中入社したオシャレ命の28歳が主人公。石原は着せ替え人形のようにド派手な衣装をとっかえひっかえしていたが、トレードマークのたらこ唇でおでんにかぶりつく“サービスショット”も見応え十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る