買収疑惑で真剣勝負に? レコ大「三代目」脱落で大混戦か

公開日: 更新日:

 衝撃の1億円買収疑惑が浮上した暮れの風物詩「日本レコード大賞」。先日、審査委員が顔を揃える会議が開かれたそうだが、さて、今年の情勢はどうなっているのだろうか。

 昨年、2年連続となる大賞を受賞した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEだが、今年は目ぼしいヒット曲はなし。さらに、金銭による受賞疑惑が浮上したため、「さすがに大賞受賞の可能性は低い」(レコード会社関係者)。3年連続グランプリが本命視されていた三代目が賞レースから脱落を余儀なくされたため、逆に大混戦になりそうだという。

「エイベックスはAAA(トリプル・エー)を猛プッシュしています。しかし、今年は、昨年までのように“あうんの呼吸”ではなくガチンコでの審査になる可能性がある。となると、大ヒット中の映画『君の名は。』の主題歌のサウンドトラックが25万枚を売り上げたRADWIMPSの『前前前世』が下馬評では本命。音楽性に加えて実績面で評価されている。ですが、結果はフタを開けるまではわかりません」(前出のレコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る