買収疑惑で真剣勝負に? レコ大「三代目」脱落で大混戦か

公開日:

 衝撃の1億円買収疑惑が浮上した暮れの風物詩「日本レコード大賞」。先日、審査委員が顔を揃える会議が開かれたそうだが、さて、今年の情勢はどうなっているのだろうか。

 昨年、2年連続となる大賞を受賞した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEだが、今年は目ぼしいヒット曲はなし。さらに、金銭による受賞疑惑が浮上したため、「さすがに大賞受賞の可能性は低い」(レコード会社関係者)。3年連続グランプリが本命視されていた三代目が賞レースから脱落を余儀なくされたため、逆に大混戦になりそうだという。

「エイベックスはAAA(トリプル・エー)を猛プッシュしています。しかし、今年は、昨年までのように“あうんの呼吸”ではなくガチンコでの審査になる可能性がある。となると、大ヒット中の映画『君の名は。』の主題歌のサウンドトラックが25万枚を売り上げたRADWIMPSの『前前前世』が下馬評では本命。音楽性に加えて実績面で評価されている。ですが、結果はフタを開けるまではわかりません」(前出のレコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る