大野いと 謎のヒロインと共通点「私も結構ウソつきます」

公開日: 更新日:

 女優の黄金世代ともいわれる「95年組」。土屋太鳳や松岡茉優と共に切磋琢磨しているのが大野いと(21)だ。13年にNHK朝ドラ「あまちゃん」で注目を浴びると、映画やドラマに多数出演。19日公開の映画「雨にゆれる女」ではヒロインを務める。本名を隠して生きる男(青木崇高)の前に現れる謎の女を演じた大野。難役にどう挑んだのか――。

  ◇  ◇  ◇

 難しいところがたくさんありすぎて、あらゆるシーンで(半野)監督にアドバイスを求めました。でも、結局答えを出すのは監督じゃなくて自分なんだなと思いましたね。

(青木の演じた)健次も私の役も素性を隠して嘘をつきながら接していましたけど、私も結構、嘘をつきます。友達に「○○ちゃんとご飯に行くけど来ない?」と誘われたけど、「○○ちゃんのこと知らないから話も弾まないだろうなあ」と思って「仕事」と言っちゃったり。のちのちバレましたが(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る