カインとアベル事実上の打ち切り…月9の崩壊が止まらない

公開日: 更新日:

 フジの看板ドラマ枠の迷走はまだまだ続く。

「関係者はこぞって話したがらない。箝口令が敷かれている」(芸能プロ関係者)というのが、次の17年1月期の月9だ。いまだに主演はおろか、作品も正式発表していないのにはワケがある。当初予定していた主演俳優が降板しちゃったというのだ。

竹野内豊です。すでにクランクインしていたにもかかわらず、権利関係で揉めたとか。前代未聞の事態を乗り越えようと関係者は駆けずり回っている。テーマは変えずにキャスティングを変更し、どうにか形にしようと模索しているようです。現場はてんやわんやです」(事情通)

 本紙既報どおり、CMスポンサーも次々と降りている。視聴者も企業も役者も逃げ出すような枠なら、過去の栄光にすがらず、いっそ看板を下ろす覚悟も必要ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る