日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カインとアベル事実上の打ち切り…月9の崩壊が止まらない

 フジの看板ドラマ枠の迷走はまだまだ続く。

「関係者はこぞって話したがらない。箝口令が敷かれている」(芸能プロ関係者)というのが、次の17年1月期の月9だ。いまだに主演はおろか、作品も正式発表していないのにはワケがある。当初予定していた主演俳優が降板しちゃったというのだ。

「竹野内豊です。すでにクランクインしていたにもかかわらず、権利関係で揉めたとか。前代未聞の事態を乗り越えようと関係者は駆けずり回っている。テーマは変えずにキャスティングを変更し、どうにか形にしようと模索しているようです。現場はてんやわんやです」(事情通)

 本紙既報どおり、CMスポンサーも次々と降りている。視聴者も企業も役者も逃げ出すような枠なら、過去の栄光にすがらず、いっそ看板を下ろす覚悟も必要ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事