前選考委員の鳥越俊太郎氏は「流行語大賞」をどう見たか

公開日: 更新日:

「他に適したものがなかったんだと思うが、使い方によっては可能性や広がりを感じさせる言葉。大賞に選ばれたのも分かる気がしますね」

 年末の風物詩である「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、年間大賞に広島鈴木誠也外野手(22)の活躍を表した「神ってる」が選ばれた。冒頭の言葉は、例年同賞の選考委員を務めていたジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が日刊ゲンダイの取材に答えたものだ。

 鳥越氏は今年7月の都知事選立候補表明時に自ら選考委員を辞任しており、今年の選考には関わっていない。そこで改めて、例年、世相を鋭く突く言葉を“ジャッジ”してきた同氏に今年の流行語大賞をどう見るか聞いてみた。

「大賞受賞者は、基本的に表彰式に来られる人を選びます。そう考えると『ゲス不倫』は躍った言葉ではあったが難しい。その中で、文春の張り込み記者がマスク姿で登場したのはよく考えたなあと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る