巨匠に不満顔で…細野辰興監督“給料全額カット”を語る

公開日:  更新日:

 落ち度もないのに、怒鳴られたり、責任を取らされたり。若いころ、とりわけ駆け出し時代は、理不尽な目に遭うこともある。映画「シャブ極道」などで知られる細野辰興監督(64)もそうだ。師匠の今村昌平監督から給料全額カット処分が下された。

  ◇  ◇  ◇

「ええじゃないか」(1981年)という今村作品の撮影中のことでした。埼玉県三郷市の水元公園近くの大オープンセット。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を出た僕は今村プロに入れてもらうよう直談判し、「じゃあ来い」ということで、撮影スタッフに加えてもらっていたんです。

 たしか月給は5万円。当時の大卒初任給12万800円の半分以下でしたけど、「おまえはこれからギャラをもらいながら学べるんだ」と言われ「はい」と答えていた。実家のあった逗子海岸駅(当時)前の劇場に入り浸り、3本立ての映画を見て育ちました。東映の時代劇だったか、親父の肩車で客席が一体となって盛り上がるのにしびれ、物心つくころには、映画を仕事にと決めていた。とはいえ映画会社は狭き門だし、食堂に行けばたらふく食べることができたので、待遇に不満はありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る