全国88カ所が“聖地”に「アニメツーリズム」の期待と課題

公開日: 更新日:

 色鮮やかな紅葉、情緒あふれる寺社仏閣は、日本人ならだれしもホッとする風景だろう。が、その横に、ミニスカ姿の萌えキャラ女子の立て看板やポスターがあったらどうか。実は今、そんな光景が、全国各地の観光地で多く目につく。

 そういう観光地は、多くがアニメやマンガの舞台だったり、作者とゆかりのある土地だったりする。若者にとっては“聖地”で、小さいものも含めると全国に5000カ所もあるという。そんな“聖地巡礼”がブームになっていて、若者を目当てにした観光誘致は「アニメツーリズム」と呼ばれる立派な“ビジネス”なのだ。

 先がけは、2007年に放映されたテレビアニメ「らき☆すた」の舞台・埼玉県鷲宮町(現・久喜市)。アニメ放映後はファンが殺到。放映前に比べ3倍の観光客が押し寄せた。そのほか、戦車と女子高生をモチーフにしたアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台である茨城県大洗町、大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」の岐阜県飛騨市など、成功例は枚挙にいとまがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  7. 7

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  8. 8

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

もっと見る