• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国88カ所が“聖地”に「アニメツーリズム」の期待と課題

 色鮮やかな紅葉、情緒あふれる寺社仏閣は、日本人ならだれしもホッとする風景だろう。が、その横に、ミニスカ姿の萌えキャラ女子の立て看板やポスターがあったらどうか。実は今、そんな光景が、全国各地の観光地で多く目につく。

 そういう観光地は、多くがアニメやマンガの舞台だったり、作者とゆかりのある土地だったりする。若者にとっては“聖地”で、小さいものも含めると全国に5000カ所もあるという。そんな“聖地巡礼”がブームになっていて、若者を目当てにした観光誘致は「アニメツーリズム」と呼ばれる立派な“ビジネス”なのだ。

 先がけは、2007年に放映されたテレビアニメ「らき☆すた」の舞台・埼玉県鷲宮町(現・久喜市)。アニメ放映後はファンが殺到。放映前に比べ3倍の観光客が押し寄せた。そのほか、戦車と女子高生をモチーフにしたアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台である茨城県大洗町、大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」の岐阜県飛騨市など、成功例は枚挙にいとまがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る