• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

炎上する“貧困女子高生”問題 背景には「文化格差」も?

 “貧困たたき”が激しくなっている。NHKが子供の貧困問題を取り上げたところ、そこに登場した女子高校生は、「自宅にアニメグッズがたくさんあり、散在している」「(SNSの投稿内容から)何度も映画を見ている」「貧困はNHKの捏造」とバッシングされ、炎上している。

 自宅までネットにさらされる始末だ。なぜ、貧困問題はネット炎上を伴うのか。複数のNPO法人に関わり、貧困など困難な状況にいる子供の支援に関わってきた荒井ユウスケ氏が言う。

「話題になる『子供の貧困』問題は、所得の中央値の半分を下回る人を指す相対的貧困をいいます。少ないながらも小遣いがある。ところが、衣食住さえままならない絶対的貧困のイメージでとらえる人が多い。そのギャップが、批判を生む大きな要因です。もうひとつ、文化格差も相対的貧困に影響しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る