米アカデミー賞圧勝ムード 「ラ・ラ・ランド」何が凄い?

公開日:

 現地時間2月26日に発表される米アカデミー賞を前にいよいよ賞レースが本格化してきたが、今年はまれにみる「圧勝ムード」が漂っているという。

 その作品とは、わずか3作目にして名匠の呼び声高いデイミアン・チャゼル監督(32)による「ラ・ラ・ランド」(16年、アメリカ)。往年のハリウッドミュージカルをインスパイアしつつ、最新の撮影技術によってめくるめくダンスシーンを作り上げたオリジナル作品だ。

 映画関係者によれば、日本でのマスコミ向け試写会は連日超満員。先日発表された第74回ゴールデン・グローブ(GG)賞で、予想を上回る史上最多の7部門を制したことで、いまや1時間待ちでも入場できずボヤく映画ライターが続出しているという。

 業界人の間で過熱するこのブームについて、映画批評家の前田有一氏はこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る