• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米アカデミー賞圧勝ムード 「ラ・ラ・ランド」何が凄い?

 現地時間2月26日に発表される米アカデミー賞を前にいよいよ賞レースが本格化してきたが、今年はまれにみる「圧勝ムード」が漂っているという。

 その作品とは、わずか3作目にして名匠の呼び声高いデイミアン・チャゼル監督(32)による「ラ・ラ・ランド」(16年、アメリカ)。往年のハリウッドミュージカルをインスパイアしつつ、最新の撮影技術によってめくるめくダンスシーンを作り上げたオリジナル作品だ。

 映画関係者によれば、日本でのマスコミ向け試写会は連日超満員。先日発表された第74回ゴールデン・グローブ(GG)賞で、予想を上回る史上最多の7部門を制したことで、いまや1時間待ちでも入場できずボヤく映画ライターが続出しているという。

 業界人の間で過熱するこのブームについて、映画批評家の前田有一氏はこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る