米アカデミー賞圧勝ムード 「ラ・ラ・ランド」何が凄い?

公開日: 更新日:

 現地時間2月26日に発表される米アカデミー賞を前にいよいよ賞レースが本格化してきたが、今年はまれにみる「圧勝ムード」が漂っているという。

 その作品とは、わずか3作目にして名匠の呼び声高いデイミアン・チャゼル監督(32)による「ラ・ラ・ランド」(16年、アメリカ)。往年のハリウッドミュージカルをインスパイアしつつ、最新の撮影技術によってめくるめくダンスシーンを作り上げたオリジナル作品だ。

 映画関係者によれば、日本でのマスコミ向け試写会は連日超満員。先日発表された第74回ゴールデン・グローブ(GG)賞で、予想を上回る史上最多の7部門を制したことで、いまや1時間待ちでも入場できずボヤく映画ライターが続出しているという。

 業界人の間で過熱するこのブームについて、映画批評家の前田有一氏はこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  11. 10

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

もっと見る