日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第4回>予定調和で終わるような人間ドラマは作りたくない

「女王の教室」で主演を務めた天海祐希(C)日刊ゲンダイ

 遊川ドラマにはいつも強烈なフックがある。雇用主に言われたら殺人だってやりかねない「家政婦のミタ」(11年)にしろ、朝ドラらしからぬ不幸のオンパレードで物議を醸した「純と愛」(12年)にしろ、過激な描写で見る者の心をざわつかせる仕掛けをしてきた。どんな狙いがあるのか。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事