監督が熱弁 ディズニー新作『モアナ』は「宮崎駿の影響」

公開日:

 アナとエルサに続く、新ヒロインの名はモアナ――。

 狙ったかどうかは定かではないが、ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ両監督が5年もの歳月をかけて製作した渾身の一本だ。

 ディズニーの最新劇場版アニメ「モアナと伝説の海」(来月10日公開)は、ポリネシアの島々で語り継がれる伝説をモチーフに、“海に選ばれた少女”のモアナ(ハワイ語で「太平洋」の意)が自分の進むべき道を見つけていく様子を描いた感動ファンタジー。

 9日に行われた来日記者会見で両監督は、宮崎駿作品の影響を受けているとし、目を輝かせながらこう話した。

「宮崎監督の作品は自然と人の密接な関係が描かれ、ロールモデルのような強い女性が登場する。『モアナ』は最も宮崎監督の影響を受けた作品になった」(マスカー監督)

 会見には、日本語吹き替え版で声優出演した屋比久知奈(22)と夏木マリ(64)も登壇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る