監督が熱弁 ディズニー新作『モアナ』は「宮崎駿の影響」

公開日:

 アナとエルサに続く、新ヒロインの名はモアナ――。

 狙ったかどうかは定かではないが、ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ両監督が5年もの歳月をかけて製作した渾身の一本だ。

 ディズニーの最新劇場版アニメ「モアナと伝説の海」(来月10日公開)は、ポリネシアの島々で語り継がれる伝説をモチーフに、“海に選ばれた少女”のモアナ(ハワイ語で「太平洋」の意)が自分の進むべき道を見つけていく様子を描いた感動ファンタジー。

 9日に行われた来日記者会見で両監督は、宮崎駿作品の影響を受けているとし、目を輝かせながらこう話した。

「宮崎監督の作品は自然と人の密接な関係が描かれ、ロールモデルのような強い女性が登場する。『モアナ』は最も宮崎監督の影響を受けた作品になった」(マスカー監督)

 会見には、日本語吹き替え版で声優出演した屋比久知奈(22)と夏木マリ(64)も登壇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る