日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後輩ピコ太郎に触発 加治ひとみ「何でもやってみるべき」

 EXILEの「Ti Amo」、JUJUの「この夜を止めてよ」などのカバー曲でも話題の加治ひとみ(29)。放映中の「きみはペット」(フジテレビ系)のエンディング曲「ラヴソング」を収録した初アルバム「NAKED」はジャケットの美ボディーヌードで話題になっている。

「曲を集めてアルバムにしたら、自分が丸裸だなと感じて、ジャケットもヌードにしました。急に決めたので体を鍛えたりはしていないのですが」

 26歳のときに東京ガールズオーディションで約2万人の中からグランプリに選ばれ、16年にデビュー。

「20代半ばになって自分の中が空っぽで、恋をしてふわふわと生きる自分に疑問を感じ、ハマるものがないから恋愛に依存していたことに気づいて。自分の生きた跡を残そうとオーディションを受けたんです。オーディションを受けたのは26歳の時で、年齢だけ見たら遅いかもしれませんが、出場しただけで達成感を得たぐらい。まさか最後の1人に残るとは思っていませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事