スポンサー料8億円とも…東芝「サザエさん」降板は本当か

公開日: 更新日:

 ただし、サザエさんまで撤退となると、対外的なイメージも悪くなるし、社内の士気も下がる。降板だけは何としても避けたい。

「2月26日放送の視聴率は13.4%。昨年には一時、1ケタ台に落ち込んだが、それでも最近は2ケタ台をキープ、国民的アニメの地位を維持している。広告費削減を迫る株主に、いかにサザエさんがブランドイメージを高めているのかを説明できるかがカギでしょう」(テレビ業界関係者)

 そのテレビスポンサー料はどの程度、負担しているのか。前出の関係者は言う。

「東芝はフジテレビのサザエさんに加え、TBSの日曜劇場、BS日テレの番組提供もやっているが、サザエさんだけで月間7000万円程度、年間で8億円超の支出とされます。サザエさんは現在1社提供ではないので、年々減額していると聞きますが、それでも“微々たる負担”とは言えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る