三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

女性も共感 チュート徳井のMCに“隙間とギャップ”の魅力

公開日: 更新日:

 吉本男前ランキングにおいて3年連続1位を獲得し、殿堂入りをしているイケメンキャラの徳井義実さん(41)。僕は、一度特番でご一緒したことがありますが、彼の持つ柔らかい雰囲気と、嫌みにならない話術は、羨ましいくらいに魅力的です。

 徳井さんは本質的に好奇心が強く、人に対する興味があるように見えることがなによりMCにとっての強みかなと思います。関西弁のツッコミというのは、とかくきつくなりがちなところがあります。ですが、彼は京都人らしいある種「はんなり」とした雰囲気がおしゃべりの中にあるので、相方やゲストとのやりとりでも人に対してとても柔らかく接することが可能なのだと思います。その応対が、ある意味で「東京的」な番組づくりにもマッチしているのではないでしょうか。

 MC力の視点で見ると、徳井さんは「隙間力」があるのだと思います。人の懐に「すっと」入り込めるので、周りが楽しく動いてくれる、動きたくなるタイプです。違う言葉で表すと、人を動かすのが上手なタイプなのではないでしょうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る