三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

女性も共感 チュート徳井のMCに“隙間とギャップ”の魅力

公開日: 更新日:

 吉本男前ランキングにおいて3年連続1位を獲得し、殿堂入りをしているイケメンキャラの徳井義実さん(41)。僕は、一度特番でご一緒したことがありますが、彼の持つ柔らかい雰囲気と、嫌みにならない話術は、羨ましいくらいに魅力的です。

 徳井さんは本質的に好奇心が強く、人に対する興味があるように見えることがなによりMCにとっての強みかなと思います。関西弁のツッコミというのは、とかくきつくなりがちなところがあります。ですが、彼は京都人らしいある種「はんなり」とした雰囲気がおしゃべりの中にあるので、相方やゲストとのやりとりでも人に対してとても柔らかく接することが可能なのだと思います。その応対が、ある意味で「東京的」な番組づくりにもマッチしているのではないでしょうか。

 MC力の視点で見ると、徳井さんは「隙間力」があるのだと思います。人の懐に「すっと」入り込めるので、周りが楽しく動いてくれる、動きたくなるタイプです。違う言葉で表すと、人を動かすのが上手なタイプなのではないでしょうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る